読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホシノミニマル

納得しながら生活してどこまで身軽になれるか実験中です。

食について考えてること2

食事って、生きるために必須ですよね。
あ、すいません何かとんでもなく壮大な感じで書き始めてしまいました!
私は食事が好きです。出かける時はその場所にはどんな名店があるのかすぐに調べますし、
地方に行けば名産品を必ず食べて帰ります。
けど、なぜ自分がこれほどまでに食に重きを置くのか、そこまで深く考えたことはありませんでした。
その理由を細かく辿るとともに、最近のミニマル旋風に当てはめていきたいと思います。
面白いもので、全て一本に繋がってるんです。
 
私は昔から美味しいものを食べるのが好きでした。
というかそんな感覚なんて誰にでもありますよね。私もその程度の認識でした。
 
大学生になったくらいでラーメンやつけ麺に凝るようになります。
当時は今みたいに情報が発達してませんでしたから、頼れるものがほとんどない。
それでも雑誌やガラケーの脆弱なラーメンサイトなどで情報をゲットして、あちこち行ってました。
色んなラーメン屋さんに行く訳ですが、だんだん好きな店とそうでない店の差がわかってきます。
いったんハマったのが麺屋武蔵。あの会社は都内に何店舗かあるんですが、
その店によってコンセプトが全く違うんですね。
ただ軸は一緒なので、武蔵の味そのものが好きならどこに行っても楽しめるシステムです。
私は池袋にあった麺屋武蔵二天が大好きで通っていました。
その後、同じ池袋にあるBASSOドリルマンを知って、ラーメン屋さん巡りが終了します。
ここが最強だと確信したからです。
 
全てにおいてこだわり抜いた味。営業スタンス含めて妥協一切なし。
これしかないと思える一杯でした。最強のつけ麺があります。
そしてその逆で金儲けを目的としたお店を避けるようになります。
 
そしてその頃にラーメン二郎という
カルチャーに出会います。衝撃でした。
ラーメンは二郎、つけ麺はドリルマン。これで確定でした。
ラーメン二郎については私がここで1から語り始めるととんでもないことになってしまうので、今は割愛します。
すでに二郎という言葉とあの強烈はビジュアルは一般的なレベルですしね。
ただ、あまり良い印象ばかりではないのも知ってますので、
私からそんなイメージをお持ちの方に伝えたい真実は
「ただの美味しいラーメンですよ」というだけです。
やはりお店のこだわりがすごいんです。
二郎を理解してしまうと普通のラーメン屋のスタンスがぬるく感じます。
これはいつかがっつり書きたいですね。
 
戻ります。
好きなお店が出来たことがどうしてミニマリズムに繋がるのか。
 
思考のきっかけは些細なことで、
「コンビニでも1食500-700円はする。同じお金であのお店に行けるのに!」
ということでした。一食一食を無駄にしたくないと思ったんですね。
 
また、SNSが発達してきた頃ですから、
「ファストフード・チェーン店・コンビニで食事をしても、何のネタにもならない!」
という気持ちもありました。
これについては昨今のInstagramブームが証明してると思います。
私だけが抱いていた感覚という訳でもないでしょう。みんな美味しい店に行ったらそれを友達に伝えたいんです。
あと芸人さんって日々の暮らしを何でも面白い話にしますよね。
やっぱり面白そうなところに飛び込んでるんです。
ファストフード・チェーン店・コンビニには、そういう面白要素がないんですね。
企業が食品を扱ってお金を生むためにやってることですから。
 
要するに自分が出したお金に見合った価値を、食事においても感じたかったんですね。
 
それからというもの、よほどのことがない限りはファストフード・チェーン店・コンビニで食事をすることがなくなりました。
探してみると、美味しいお店って山のようにあるんです。東京はなおさら。
 
そのまま数年が経ち、色んなことを考えるきっかけとなる
酒で大失敗しまくってしまう時期が来ます。2015年の秋頃ですね。
そこで生活態度を完全に改めるべく食や健康について徹底的に調べる中で、浮かんで来たのが総じて「食品添加物の危険性」について。
食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

 

この本はちょっと感情的になり過ぎて嘘くさいっていう感想も多いですが、考えるきっかけには持ってこいでした。

それを境にコンビニやスーパーで安易に手に入る食品を買う・食べることをやめました。
ジュースも飲むのをやめました。そして水を飲むようになります。
 
転換期から1年半ほどが経ち、私の食生活は「納得できるお店で外食」か「自炊」のどちらかになりました。
集団行動の遠征などで止むを得ずコンビニしかないような時は
スイーツのゾーンだけはOK
という謎のルールを作っています。それもいつか終わりにしたいですが。
 
バランスとしては外食の方が多め。かつ行くお店は気になるあのお店!というテンションなので、
ついついあれこれ食べてしまいます。が、そんなに太らないんですね。
食べ過ぎることより、何を食べるかの方が全然重要だったみたいです。
 
ミニマル精神を進める中でよく出る判断基準「中途半端なものを除外」は、
食事にも充分当てはまる考え方でした。
今年になってモノを捨てたりするよになるよりもずっと前から、自分の中にこうした考え方は定着していました。
 
さて、今週来週で引っ越しです。
新生活になって私の食生活はどのように変わるんでしょうか。
少なくより良く、になるといいんですが。